緊急用ピル「アイピル」の効果内容・服用方法・副作用紹介

i-pill

アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)ノルレボのジェネリック医薬品です。

インドの製薬会社シプラが製造・販売しています。

アイピルには有効成分レボノルゲストレルが配合され、コンドームの着用忘れや破損等の避妊ミスやし忘れ、その他の理由による望まぬ妊娠を防いでくれます。

アイピルが効果を得られる時間は性行為から72時間までとされており、24時間以内なら95%、時間ギリギリなら75%と時間が経過するにつれて避妊確率は低下していきます。

飲む必要がある場合出来るだけ早く飲むべきだと思いますが、個人輸入や輸入代行等でしか入手出来ず時間がかかるので注意が必要です。

アイピル 服用方法

others_image01

アイピルは性行為後72時間以内に1錠を1回服用してください。

有効時間は72時間ですが時間経過により避妊効果が低下するので、性行為後出来るだけ早く服用してください。

トリキュラー 副作用

アイピルは他の避妊薬と比べて重篤な副作用は無いと言われていますが、月経時の様な出血や吐き気、下腹部の痛みや倦怠感等が出る恐れがあります。

もし、これらの副作用が出た場合は医師に相談してください。

また、アイピルは緊急時の薬であり強力な薬なので常用は決してしないでください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ