肌荒れ・ニキビに効く「ビーソフテンローション」とは?

ビーソフテンローション2

ビーソフテンローションは皮膚科で処方される医薬品のニキビ治療薬です。

主成分は”ヘパリン類似物質”で、ニキビだけでなくケロイドやアトピーなどの皮膚疾患にも効果があります。

保険が適用されているので、皮膚科で処方されれば300gを970円で購入できます。

効果

美肌

ビーソフテンローションの効果は、抗炎症作用・保湿作用・血行促進作用です。

主成分のヘパリン類似物質が肌に浸透しやすく、蒸発しにくいという性質を持っていてとても保水性・保湿力に優れています。

ニキビは乾燥からくることがほとんどなので、ニキビ薬の前にこのビーソフテンローションを塗って上げることでニキビにとても効果的です。

アトピーや乾燥肌の人にも効果があります。

無味無臭で安全性も高く、使いやすくなっています。

使用方法 (ニキビ肌改善の場合)

洗顔2

1日2回朝晩、洗顔の後に手に取り顔全体に塗っていきます。

その後に保湿クリーム→ニキビの塗り薬(ディフェリンゲルやベピオゲルなど)を塗るとさらに効果的です。

効果はすぐには出ないので、最低でも2週間は使ってください。

副作用

ビーソフテンローションはとても低刺激な作りになっているので、基本的に副作用はありませんが、まれに下記のような症状が出る場合があります。

かゆみ、発赤、発疹、粉ふきなど

副作用がひどい場合は使用を中止し、医師の診断を受けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ